HOME > 家づくり > 構造と工法

構造と工法

ファース工法について。

人が、家が、健康になる。ファースの家空気循環システム。

「ファースの家」は、そこに暮らす人と家の健康をとことん考え、日本の気候風土に最も適した茅葺き屋根の思想を取り入れた高性能住宅。
部屋ごとの温度差を少なくし、快適な湿度に近づけた新鮮空気を家全体に循環させる、独自の健康空気循環を採用。また、冷暖房負荷を低減させるため、夏と冬において窓から入る日射取込量を変えるなど、極めて高い性能と機能を持たせるため、専用部材を随所に取り込み、お客様へ「ほんとうの快適」をお届けします。

ファースの家は公的にも認められた住宅です

今までに取得した評定・認定
断熱評定書
断熱評定
樹脂による現場スプレー方式では、日本で初めて「断熱評定」を交付されています。
■平成5年12月22日(財)住宅・建築 省エネルギー機構
(評定番号:省エネ機・認定第209号)
特別評価方法認定書
特別評価方法認定(気密方法)
樹脂発泡の単一工事だけで、基礎、壁、屋根裏を一体に包み込む施工方法で国土交通大臣から認定を取得しました。
■平成14年2月15日 国土交通大臣
(認定番号:171号)
ソーラー住宅システム認定書
ソーラー住宅システム認定
(次世代型)
日射熱を専用ガラスで制御、冷暖房負荷を軽減することで、次世代省エネルギー基準をクリアした、ソーラー住宅システム認定を取得しました。
■平成15年4月1日(財)建築環境・省エネルギー機構
(認定番号:SH9904号)
木造住宅合理化システ認定ム書
木造住宅合理化システム
(次世代耐用性能タイプ認定)
品質確保促進法の劣化対策及び維持管理対策の最高等級以上の性能を満たしている事が認められ、(財)日本住宅・木材技術センターより認定を交付されました。
■平成16年4月1日(財)日本住宅・木材技術センター
(認定番号:合理化G04B-08)

ファースの家 5大性能

「ファースの家」は、そこに暮らす人と家の健康をとことん考え、日本の気候風土に最も適した茅葺き屋根の思想を取り入れた高性能住宅。
部屋ごとの温度差を少なくし、快適な湿度に近づけた新鮮空気を家全体に循環させる、独自の健康空気循環を採用。また、冷暖房負荷を低減させるため、夏と冬において窓から入る日射取込量を変えるなど、極めて高い性能と機能を持たせるため、専用部材を随所に取り込み、お客様へ「ほんとうの快適」をお届けします。
1
■ 家の寿命が90年に
最小限の換気と調湿と空気清浄された空気がAIキットで家中に供給されるため、家屋内の空気はいつも森林の中のような環境です。
さらに家を構成する木材など部材が常に空気に晒されているため、部材、木材の含水量が常に一定に保たれて腐朽菌が発生しない事が評価され75年から90年間、大規模改修や建て替えの必要を要しない「次世代高耐久認定」を交付されました。
2
■ 輻射冷暖房の生活空間を
調湿された空気が構造内を循環します。このため、夏期冬期ともほぼ一定の湿度をキープ出来ます。さらに冬は窓から入った太陽熱を構造体に蓄熱して約半分の暖房必要熱量を賄うため、国内初の「パネルの要らないソーラー住宅認定」を交付されました。
また、夏場の太陽高度の活用と独自の高い断熱性能で冷房熱の蓄冷で省エネを実現し、暖房と冷房双方の省エネ効果を評価され「次世代省エネ認定」を交付されました。
3
■ 断熱・機密性能が担保される
独自の断熱・気密手法で家全体をスッポリとシームレス状に居住空間を包んでしまうため、建物全体の剛性が大きく向上し、さらに外気の温度や湿度に影響を受けません。この性能は多くの特許技術によって全てに家の性能が担保される事が、他の工法の取れないファース独自の大きな特徴です。
ファースの断熱・気密手法はそれぞれが「断熱評定」「気密特別評価方法認定」を取得しております。
4
■ 地震などの自然災害に極めて強い
「ファースの家」は、木造軸組工法で、がっしり組あげることにより、一般住宅と同等以上の強度を発揮します。
さらに丈夫な基礎と土台の間のエアクララが、外壁、土台、基礎と連結して柔らかく結合し、地震の揺れに柔軟に対応します。
そのため地震や自然災害に極めて強いと評価されています。
5
■ 省エネ・エコ住宅で優雅で経済的な生活を
「ファースの家」は、木造軸組工法で、がっしり組あげることにより、一般住宅と同等以上の強度を発揮します。
さらに丈夫な基礎と土台の間のエアクララが、外壁、土台、基礎と連結して柔らかく結合し、地震の揺れに柔軟に対応します。
そのため地震や自然災害に極めて強いと評価されています。

家づくりやリフォーム、土地・物件に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

Page Top